岐阜県 岐阜市の歯医者 - 一般歯科・インプラント・親知らず・口腔外科・小児歯科・歯周病治療・矯正歯科

サイナスリフト

えばた歯科クリニックサイト
携帯サイトQRコード
HOME»  サイナスリフト

サイナスリフトとは…

顎の奥歯に相当する場所にインプラントを植立する場合、よく骨の高さが不足し、数ミリしか骨が無い場合が多くあります。そのような顎の骨の不足を人工的に補う方法を、サイナスリフト法といいます。

これは、上顎骨の内部の空洞(上顎洞:サイナス)が拡大し、さらに奥歯が無くなると歯槽骨が吸収され、歯槽骨が薄くなるのが原因です。
そこに通常の方法でインプラント治療をする場合、短いインプラントしか入れることが出来ないか、インプラント治療が不可能な時があります。短いインプラントを植立した場合は将来的に不安を抱えることになります。

サイナスリフト法を用いればたとえ1~5ミリしか骨の高さが無い場合でも、骨を移植することで骨の高さを増大させ、10数ミリのインプラントを植立することが可能です。また骨の高さを持ち上げながらインプラントを植立するソケットリフト法もあります。

これらの方法を用いますと、治療期間が通常より約6ヶ月ほど長くなるというデメリットがありますが、確実に骨を増やし、インプラントを植立することができます。

Page Top

サイナスリフトの流れ

上顎洞 上顎の奥歯の生えている場所に上顎洞(じょうがくどう)とういう空洞があります。
空洞が発達している人 この空洞が発達している人は、奥歯が抜けたあとに骨が薄くなり、そのままではインプラントを埋め込むことが出来ません。
骨補慎剤とPRP(多血小板血漿) そこで、上顎洞の粘膜をはがして、骨とのあいだにすき間をつくり、そこに骨補慎剤と患者さんの血液から採取したPRP(多血小板血漿)を入れます。
インプラント埋め込み可能な骨 6~8ヶ月でインプラント埋め込み可能な骨になります。
また、ある程度の厚みがある場合には、インプラントの埋め込みと同時に行なうことが出来ます。

CTで見る症例

サイナスリフトをされた方のCT写真です。
術後8ヶ月経過したこの方のはインプラント手術を行う為に必要な骨の厚みを得ることができました。
術前 術後
  術前 術後
Page Top

PRP(多血小板血漿,Platelet Rich Plasma)

えばた歯科

PRPとは…
血液を濃縮してつくる血小板を多く含む成分をPRP(多血小板血漿)といいます。骨の再生や傷の治りを早くする作用があり、また患者さん自身の血液を用いるため、ウィルス感染などの危険性は低く、術後の腫れや痛みを減らす効果もあると言われています。

Page Top